ごあいさつ

mendan当サイトをご覧頂き、有難うございます。運営責任者の行政書士、野村義友と申します。

日本で安心して暮らすには、目的にあったビザを取得する必要がありますが、その為には要件をしっかりと確認し、適切な書類を見極めて収集・作成する事が不可欠です。

しかし、必要書類だけをとっても、申請をされる方の過去の経歴や現在の状況等によって最適な書類は異なりますし、入国管理局からは要求されていないが、その書類が無いと非常に不利になってしまうと言うものが実際に存在します

たとえば、配偶者ビザを取得する場合に、交際を立証する通話記録や手紙等は公式には申請時に要求はされませんが、これが無いと、審査に時間が掛かってしまったり、交流の事実が確認出来ないとして、不許可になってしまうと言う様なケースです。

これらの一連の手続きは、分かりづらい点が多い為か、適当に申請をして不許可処分となってしまい、その後何度申請をしても許可を得られずに苦労されている方が少なくありません。

一度不許可になってしまうと、ストレートで許可を取得する場合に比べてハードルが高くなってしまうので、大変な思いをしなければならなくなります。

当事務所では、入局管理局長へ入国管理局申請取次資格者としての届出をしておりますので、各種ビザの申請手続きをご依頼者様に代わって行うことが出来ますので、苦労する事無く、安心して頂けます。

ビザの申請を始め、入国管理局に対する手続きでお困りの際には、どうぞお気軽にご連絡下さい。


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ビザ申請のご案内

予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!

ビザ申請のお申込み

トップページへ