高度人材ポイント制について

「高度人材ポイント制」とは、優秀な外国人の積極的受入を図るため、「高度人材外国人」に対しポイント制を活用した出入国管理上の優遇措置を講ずる制度です。

簡潔にお伝えすると、「高度人材外国人」の日本での活動内容を、「高度学術研究活動」・「高度専門・技術活動」・「高度経営・管理活動」の3つに分類し、それぞれのカテゴリーによって、「学歴」、「職歴」、「年収」「研究実績」などの項目ごとに点数(ポイントpoins)を設け、点数の合計が70点以上を獲得した場合に、「高度人材外国人」と認定され、「高度専門職ビザ」を取得することが出来ます。
64ef37f1cb4c3857fb57a6052653f8e4_m

「高度専門職ビザ」を取得すると、入国管理局Immigration Bureauでの審査の優遇措置や、出入国手続きの簡素化などのメリットを受けることが出来ます。
 
 
 
 
気になるのは点数の計算方法です。

申請するカテゴリーによって、点数の審査項目は違いますが、共通している項目は「学歴」、「職歴」、「年収」、「日本語能力」などです。

申請するカテゴリー毎に決められたこれらの項目をチェックし、該当すれば決められた点数を足し算で合計点を算出します。

また、「高度専門職ビザ」は5年毎に更新申請が必要ですが、更新申請の際には、再度ポイント計算を行い、70点以上をクリアしなければなりません。

その際に、年齢や年収額の変化などから、ポイント合計点数70点をクリア出来ないケースもあるのです。

ポイント合計点数70点をクリア出来ない場合には、他の「就労ビザ」等への変更を検討する必要がありますので、お早めにご相談下さい。

 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ビザ申請のご案内

予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!

ビザ申請のお申込み

トップページへ