医療滞在ビザの申請手続きと必要書類について

医療滞在ビザの申請の手続きの流れを説明いたしますので、ご確認下さい。

① 日本の医療機関で治療を受けること等をお考えの外国人患者の方は、経済産業省または観光庁に登録された身元保証機関(医療コーディネーター、旅行会社等)のリストを参照にして、同機関のいずれかに連絡します。

② この身元保証機関を通じて受入医療機関を確定します。

③ また身元保証機関から、「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」を入手します。

④ 外国人患者の方のお国の日本大使館又は日本総領事館にビザを申請します。その際に必要となる書類は次の通りです。

※ 同伴者の方はア~ウとカの書類のみ必要となります。書類に関しましては、国によっても異なりますので、各日本大使館などに確認は必要です。

ア パスポート
イ 証明写真
ウ ビザ申請書
エ 医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書
オ 一定の経済力を有することを証明するもの
例えば、銀行残高証明書など
カ 本人確認のための書類
キ 在留資格認定証明書(1回の滞在期間が90日を超えて入院する場合のみ)
ク 治療予定表(数次にわたり治療のために訪日する必要がある場合のみ)

以上が、医療滞在ビザの申請の手続きの流れの説明です。

上記④のキで説明いたしました、「1回の滞在期間が90日を超えて入院する場合」には「在留資格(特定活動)」が必要となります。

この「在留資格(特定活動)」を取得するために、各地方入国管理官署に提出する必要書類を以下にまとめましたので、ご確認下さい。

 

【外国人患者の方・同伴者の方の共通の必要書類】

① 在留資格認定証明書交付申請書

② 証明写真

③ 返信用封筒(提携封筒に宛先を明記し、392円分の切手(簡易書留用)を添付した封筒)

④ 身分を証する文書(身分証明書など)

【外国人患者の方のみの必要書類】

① 日本の病院等が発行した受入れ証明書(外国人患者に係る受入れ証明書)

② 外国人患者の方の在留中の活動予定を説明する資料

ア 入院先の病院等に関する資料(パンフレットや案内など)
イ 治療予定表
ウ 入院前あるいは退院後の滞在先を明らかにする資料(滞在場所、連絡先を記載します)

③ 次のいずれかで、滞在に必要な一切の費用を支払うことができることを証明する資料

ア 病院等への前払金、預託金等の支払済み証明書
イ 民間医療保険の加入証書及び約款の写し(加入している医療保険等により、治療等に要する経費を支払うことが立証できるもの)
ウ 預金残高証明書
エ スポンサーや支援団体などによる支払保証書

【同伴者の方のみの必要書類】

① 同伴者の方の滞在中の活動予定を説明する資料
(滞在日程、滞在場所、連絡先及び外国人患者の方との関係について記載します)

② 同伴者の方の滞在に必要な一切の経費を支払うことができることを証明する資料

以上が、在留資格認定証明書を取得するための必要書類の説明です。

ただし、上記必要書類以外にも、別途資料の提示を求められる場合もございます。

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください

-->